11月26日授業の要約と感想

要約 今回は今まで作ってきたサイトを一つにまとめるトップページを作成しようということだったようです。具体的には、「自己紹介」「山の楽しみ方」「××の楽しみ方」「メンバー紹介リスト」「SWOT分析」。しかしながら、この授業だけではなく、最後までトップページを作成することはできませんでした。あまりにも取りこぼしが多くて、それらを補てんする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月19日要約と感想

今回の授業はクラスの提出率をそろえるために、各自やり残した課題をやる時間だった。 ちなみに自分は先週休んでいたのでswot分析法を作ることとなった。毎度のことながらアシスタントの方に手伝ってもらった。もはや顔見知りとなっている…。 感想 この記事は10月15日のことを思い出しつつ、1月7日に書いたものです。さも授業後に書かれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月12日の要約と感想

今回の授業自分を分析するというswot分析というものを行ったそうだ。これは S=strengths W=weaknesses O=opportunities T=threats の要因に区分して分析する方法のようだ。 これをhtmlを使って表にするということが今回の課題であった。 感想 今回は諸事情に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月29日の授業の要約と感想

今回の授業は遅れている人たち(僕とか僕とか)のために進むのをやめて足並みをそろえるというのが目的だったようです。東君やアシスタントの方々に助けてもらいつつ、できていないところを穴埋めしました。(イタリックがちゃんとできていなかったりなどなど)。 感想 この記事は10月29日のことを思い出しつつ、1月7日に書いたものです。さも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月22日の授業、要約と感想

10月22日 今回の授業も前回に引き続いてホームページ作成であった。先生がわざとエラーを仕込んだようで、htmlに問題が発生したようだ。表示されなかったようだ。イタリック体がIeだと表示されるのにクロームだと表示されないのである。  なぜかというとフォントを指定していなかったからである。IE以外のブラウザではフォントを指定しなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月15日の授業の要約と感想

要約 今回の授業の内容はhtmlでwebページの作成であった。前回の授業と似ているが、前回のようにただ自己紹介をするのではなく、ちゃんとしたwebページを作成するというものであった。飯箸先生の作ったページと同じものを作るというものである。 本来ならば上記の内容を行うのであるが、前回僕は寝ていたため自己紹介ページが完成しておらず、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月8日要約

今回の課題は文字であった。縄文字やロンゴロンゴ文字についてである。  縄文字とは縄の結び目、結び方を利用して書かれた文字?のようなものらしい。世界史の教科書にも出ていた気がする。  ロンゴロンゴ文字とはイースター島で発見された文字らしきもののことらしい。  この課題の後、それぞれ残った課題等を行う時間となった。本当なら僕は先週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月1日 授業要約、感想

今回の授業では新しく火曜日コースから移動してきた人の紹介が行われた。  その後は通常通り授業が始まり、ブラウザに関する説明があった。ブラウザというのはwebページを見るためのソフトだそうだ。例えば、internet explorerとか。語源は英語のbrowseであるらしい。家畜が芽をつまんで食うという意味らしい。ネット上の情報の芽を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月24日の授業の要約と感想

9月24日の授業要約 授業の最初に軽いガイダンスをした。僕のグループのメンバーは最初の学期と変わらなかったため全員顔見知りではあったが自己紹介した。そのあとは飯箸先生が社会と情報コミュニケーションに関しての講義を行った。どちらかといえば一学期にやった内容とほとんど同じであった。復習のようなものかもしれない。テストに出た内容だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業の要約と感想

授業の要約と感想 要約 今回の授業でやったことは前回の授業で作ったhtmlの文章の一部がイタリックになっていなかったところをイタリックにすることと、~についての楽しみを書くことの2つであった。僕は特に趣味はなく、強いてあげるなら将棋だが、それにすると書くことが多すぎて大変なことになりそうだったので「人生についての楽しみ方」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中間テスト解答

1、社会における縦糸(メタ組織系)と横糸(ネットワーク系)について論ぜよ  人の社会は数多くの組織、そしてそれらが縦の関係であったり横の関係であったりして構成されている。まず土台には最小単位となる数多くの組織があり、その上位にそれらの要素を含んだ上位組織がありそのまたさらに上に…といったように。そしてそれらはやがて国という一つの組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯箸先生の字授業@写真

1番  ある意味、おなじみの風景です。僕はとてもこのような風景が好きで、このような風景を見るたびになぜか懐かしいような気持になり、泣きそうな気持になります。一度これを題材に物語を書こうとしたのですが、残念ながら文才がなかったため、断念しました。 2番 とてもリアルな絵かと見間違うくらい、幻想的で美しい。さまざまな色の無数の光が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第9回飯箸先生の授業 授業内容と感想

授業内容 今回の授業も引き続いてeともブックの作成であった。前回の作業ではがきの作成の作業に移れるかと思ったのだがそう簡単にはいかなかった。細かいところまで先生はチェックなさっているのだろう。直さなければならない個所を3つも指摘されてしまった。 1つは検索ボタンのサイズが縮んでいた上に色が薄くて見えにくいので改善しろとのことであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8回飯箸先生の授業、要約と感想

飯箸先生の授業、要約と感想 要約兼授業風景   今回の授業も特に何か課題があるわけではなく、引き続いてEともブックの作成であった。作業を進めるだけであるから授業内容だけを書いていては書く材料がなくなってしまうので、「授業内容」を拡大解釈して授業風景も書いてみる。 さて、今回の授業では前回のデータが消えており、もう一度ドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回飯箸先生の授業

第七回飯箸先生の授業の要約と感想 要約  今回の授業は特に何か解説があったわけではなく、eともブックを作成する作業を引き続いて行うというものであった。中でもバクを探す作業がむつかしくそこに引っかかってしまって、1時間以上も費やしてしまった。このバグを探す作業はドライランといい、コンピュータが行う作業を人間が自分で行う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゴリズム戦記21話の要約

アルゴリズム戦記21話 飯箸先生の授業 MMLののち、筆者は様々な仕事をやった。中でも少し変わった仕事があったようなのでそれを紹介する。  平成4年~5年の時のこと、とある証券会社からの依頼である。  ある巨大な証券会社が必勝のアルゴリズムを作り出した。これを使用すれば、毎日莫大な利益がでる。そこで当時業界最大手のとある会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゴリズム戦記20話の要約

アルゴリズム戦記20話 飯箸先生の授業 アメリカのマックスファクター本社はブロクター&ギャンブルに買収された。日本のマックスファクターの買収については、とても激しいドラマがあったようだが筆者は何も語らなかった。 MMLでの成功は筆者たちを有名にしたが、多くの妬みも買ってしまった。筆者たちの会社はほかの会社にMMLを提案してみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゴリズム戦記19話の要約

アルゴリズム戦記19話 飯箸先生の授業 さて、前章でも多少触れたが、筆者が生み出した新システムについて詳しく説明しよう (1) 物理的な通信について 当時、コンピュータはホストコンピュータと端末の二種類が存在してはいたが公衆回線を使っての汎用的かつ対等なコンピュータ同士のネットワークは存在していなかった。筆者が欲したのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゴリズム戦記18話の要約

アルゴリズム戦記18話 飯箸先生の授業 17話で書いたように筆者は分析軸を商品のルート別、商品分類別、時系列の3軸にした。 しかし、軸には様々な分類があり、結局3軸のデータを4種類作成することとなった。  ターンアラウンドタイムは5秒以内と決めた。会社の既存のコンピュータではデータのすべてを表示するには30分程度かかるので高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゴリズム戦記第17話の要約

アルゴリズム戦記17話の要約 飯箸先生の授業 1985年から1989年、筆者は化粧品ブランドのマックスファクターの仕事を引き受けた。最初は小さい仕事のつもりで受けたが、実は大きな仕事であった。 マックスファクターは会社法人がアメリカ本社の子会社と日本法人とでわかれていて、さらにそこに販社、営業所、小売店などがありとても複雑であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more